森永乳が昨年来高値、乳児用粉ミルクで攻めの設備投資を評価

 森永乳業<2264.T>が昨年来高値。同社は10日、独の生産子会社所有地に新工場を増設し乳児用の粉ミルク原料を増産する方針を発表した。2019年までに日本円で約200億円を投資して新工場棟を建設、20年をメドに13年比25%増の年産10万トンに引き上げる。乳児用粉ミルクは中国をはじめ新興国で旺盛な需要があり、これを積極的に取り込んでいく構えだ。株価はこの攻めの設備投資を評価するかたちで買いが先行している。

森永乳の株価は9時58分現在336円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)