ヤマトHDが反発、来年度前半メドに台湾でクール宅急便開始と報じられる

 ヤマトホールディングス<9064.T>が反発。きょう付の日刊工業新聞で、14年度前半にも台湾で冷蔵・冷凍品の宅配便「国際クール宅急便」のサービスを始めると報じられたことが材料視されている。記事によると、沖縄県の那覇空港内にあるANA<9202.T>の貨物拠点「沖縄貨物ハブ」を活用し、生鮮食品などを保冷一貫輸送して発送日の翌日に届けるという。ヤマトHDでは米ヤフーの香港法人と提携して、13年10月から個人向け通信販売事業を開始しており、さらに14年度中に台湾、シンガポールへの展開を計画しているが、台湾向けの事業を先行して始めるという。海外事業の拡大による業績への寄与が期待されているようだ。

ヤマトHDの株価は10時4分現在2195円(△40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)