シャープが締まる、スマホやタブレット端末向けに業界最小近接センサ開発

 シャープ<6753.T>が締まってきた。10日に照度センサとジェスチャーセンサを搭載し、業界最小サイズの近接センサを開発したと発表した。新製品はスマホやタブレット端末で採用が進んでいる周囲の明るさに合わせて画面輝度を調整する機能や、直接画面に触れずに操作するジェスチャー入力機能を搭載した近接センサで、検知データを保持するメモリを内蔵することにより、効率的なデータ通信を可能にしたとしている。きょう11日からサンプル出荷を開始、4月25日から月産300万個体制で量産を開始する計画で、早期業績貢献が期待されている。

シャープの株価は11時30分現在322円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)