帝国電機が急反発、来期高変化を見込み昨年来高値が視野

 帝国電機製作所<6333.T>が急反発。株価は2月13日につけた昨年来高値3250円払拭を射程圏にとらえている。化学物質用のポンプ(無漏洩ポンプ)を手掛け、高技術をベースに世界シェア4割弱の実績を持つ。今14年3月期の減収減益は既に織り込み済みで投資の視点は来期に向いている。PM2.5対策で脱硫装置用ポンプに特需が発生しているほか、「中国高速鉄道車両向けの受注を獲得するなど足もと受注急増傾向」(業界アナリスト)にあり、来期の収益回復に大きく反映される見通しにある。

帝国電機の株価は11時30分現在3150円(△150円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)