<チャートの視点>=タムロン、一目均衡表の雲を上抜く

 タムロン<7740.T>はきょう一時、前日比22円高の2680円まで上昇。一目均衡表で、先行スパン1(10日時点:2660円)と先行スパン2(同:2430円)に囲まれた範囲(雲)を上抜けた。1月17日に昨年来高値2962円をつけたあと、2月10日安値2148円まで調整。その後は下げ渋る動きとなり、52週移動平均線が下支えする格好となった。ジリ高歩調をたどるなか、前日には一時150円近く上昇。チャート妙味をきっかけに、高値奪回に向けた動きが期待される。
 なお、会社側が発表している今14年12月期通期の連結業績見通しは、売上高が710億円(前期比3.7%増)、営業利益が58億円(同10.8%増)。先行きには不透明感も残るが、新製品の投入効果などが期待されている。

タムロンの株価は14時32分現在2661円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)