【小幅高】突破できるか103.40! OANDA Japan 佐藤 甲

【予想レンジ】103.15-103.75 【予想時刻】2014年3月11日 18:00
昨日は欧州株が底堅い推移となったことからドル円もジリジリと値を上げる展開となりましたが、米国株式が上値の重い推移、さらには米国債利回りの上値も重くなるリスク回避型の動きとなり、伸び悩み狭いレンジ内での推移にとどまりました。
本日のアジア時間も日銀の金融政策決定会合を控え神経質な展開が続きましたが結局上下20Pipsのレンジないでの推移となりました。
昨日の欧州時間から103.15-103.40でのレンジ推移が続いていることから短期的にはこのレンジを抜け出すと抜け出した方への圧力が強まると予想されます。

本日も欧米時間には目立ったイベントもないことから、株式市場、債券市場を見ながらの難しい展開が続くと予想されます。

昨日の米国株式市場は引けにかけて底堅さを見せたことや本日も欧州株が元気なスタートを見せていることから、状態はそれほど悪くないと考えられ、本日は反発に転じリスクオン地合いが強まると予想します。

とはいえ、依然としてウクライナ情勢、中国懸念は根強いことから、突発的な報道には注意したいところです。