日経平均株価は一時1万5000円台割れ、取引時間中では6日以来

 12日前場の東京株式市場は、日経平均株価が前日比270円を超える大幅安で、一時1万5000円台を割り込んでいる。外国為替市場で1ドル=102円台に入るなど円高傾向にあり、リスク回避のムードが強まり、輸出関連の主力銘柄を中心に、ほぼ全面安商状となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)