トーエルが反落、ハワイウォーター仕入れ価格高騰などで14年4月期業績予想を下方修正

 トーエル<3361.T>が反落。11日の取引終了後、14年4月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の260億円から265億円(前期比8.0%増)へ上方修正する一方、営業利益を同18億2000万円から14億円(同22.5%減)へ、純利益を同9億1000万円から7億7000万円(同25.5%減)へそれぞれ下方修正したことが嫌気されている。第3四半期にLPガスの販売数量が堅調に推移したことから売上高予想を引き上げたものの、LPガスの価格転嫁に時間を要したことや、また、ウォーター事業で円安によりハワイウォーターの輸入仕入価格が高騰したことなどから利益は減額したという。
 また、同時に発表した第3四半期累計(5~1月)業績は売上高189億300万円(前年同期比9.0%増)、営業利益9億3700万円(同23.9%減)、純利益5億3500万円(同17.6%減)となった。

トーエルの株価は9時48分現在553円(▼16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)