冶金工が商い伴い上昇、業績面も改善し買い人気増幅

 日本冶金工業<5480.T>が商いを伴い上値指向を継続。前日は主力株買い戻しの流れが形成されるなか、ひと押し入れたものの、きょうは全般地合い悪に抗して改めて買い直される腰の強さをみせている。同社はニッケル精錬設備を保有しており、ニッケル精錬からの一貫体制を敷いていることが強み。ニッケルなど非鉄金属価格の中期的な上昇観測が、上値追いに向けた思惑につながっている。14年3月期の連結純利益予想は、連結子会社のナストーア溶接テクノロジーの株式譲渡に伴う特別利益が寄与して従来予想の1億円から4億円に増額、前期の73億6500万円の赤字からは大幅な損益改善で、ファンダメンタルズ面からのアプローチでも買い人気が助長されている。

冶金工の株価は10時47分現在337円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)