夢真HDが6連騰、4ケタ大台復帰目前に

 夢真ホールディングス<2362.T>が6連騰と上昇加速。ここ連日大口の買いが観測されるなか全体地合いとは無縁の需給相場を展開している。主力株が手掛けにくいなか、個人投資家を中心に内需系の材料株に物色の矛先が向いており、建築現場への人材派遣を手掛ける同社株はその流れに乗っている。ゼネコンの人手不足を背景に商機が拡大しており、13年10~12月期は建築技術者の採用増に伴う費用が膨らみ経常利益段階で23%減となったが、これは回収期を前にした一過性のものという捉え方もでき、足もとは強気が優勢だ。2月の月次売上高は9億8300万円と4カ月連続で前年同月比4割超の増収を記録しており、それを裏付けている。テクニカル面でも一目均衡表の雲を上に抜けトレンド転換を明示、今年1月28日以来の4ケタ大台復帰が目前だ。

夢真HDの株価は12時43分現在979円(△29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)