テルモは小幅反落、ペリフェラル用ガイドワイヤー販売契約発表も利益確定売り

 テルモ<4543.T>は小幅反落。11日にエフエムディ社とペリフェラル用ガイドワイヤーの販売契約を結んだと発表したが、相場全体の地合い悪化に伴い当面の利益を確定する売りが先行している。株価は月初から前日まで約10%上昇していた。テルモは末梢血管領域でステントをはじめ、イントロデューサー・シースなどを販売しているほか、PTAバルーンカテーテルの開発にも取り組んでおり、今回、ペリフェラル用ガイドワイヤーを加えることで、カテーテル治療用品をフルライン化、事業を拡大していく。ペリフェラル用ガイドワイヤーはエフエムディが製造し、テルモが5月から順次発売、2015年度に5億円の売上げを目指す。

テルモの株価は14時6分現在4585円(▼65円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)