博報堂DYが安い、2月度月次売上高2ケタ増も景気先行きに不透明感

 博報堂DYホールディングス<2433.T>が3日続落。同社が11日発表した2月度の主要3広告会社の月次売上高速報で博報堂は前年同月比117.0%と2ケタ伸長を確保した。
 企業マインドの改善が引き続き同社の売り上げに反映されている。ただ、足もとはアベノミクス効果の剥落も指摘され、きょう内閣府が発表した2月の消費動向調査では、消費者信頼感指数が前月比2.2ポイント低下、消費者心理の基調判断も下方修正するなど、景気先行きに対する不透明感が浮上しており、目先は全体相場の地合い悪もあって売りが優勢となっている。

博報堂DYの株価は14時52分現在741円(▼20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)