システクアイが4期ぶり復配を発表、黒字化確保の見通しで

 システム・テクノロジー・アイ<2345.T>がこの日の取引終了後、従来無配を予定していた14年3月期の期末一括配当について、7円の配当を行うと発表した。金融や医療業界を中心に「iStudy Enterprise Server」関連製品の案件が増加し売上高が堅調に推移したほか、企業の業績回復で社員教育が活発になってきたことで、内定者向け研修(独習ゼミ)や研修申込代行サービス(ラーニングサービス)の売上高が増加し、黒字化が確保できる見通しとなったことが要因としている。なお、同社が配当を実施するのは10年3月期以来4期ぶり。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)