夢の街創造委員会が3日ぶりに反発、ベアハグおよびタメコと資本・業務提携すると発表

 夢の街創造委員会<2484.T>が3日ぶりに反発している。同社は12日に、整体やフットセラピーなどのサービスを展開しているベアハグ(東京都港区)と資本・業務提携すると発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。
 夢の街創造員会は、ベアハグの株式280株(議決権所有割合20%)を2億円で取得する予定。両社の特性や強みを生かし、自宅や職場への宅配・訪問型リラグゼーションサービスのビジネスモデル構築などを進めていくという。
 また、夢の街創造委員会は同日、人工知能に基づく店舗向けアプリの開発・運営を手掛けるタメコ(東京都港区)と資本・業務提携を結ぶと発表。タメコ株式19万549株(議決権所有割合13.9%)を約1億円で取得するとしている。

夢の街創造委員会の株価は9時32分現在2611円(△81円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)