富士ソフトが続伸、好業績低PBR、ヒューマノイドロボが思惑呼ぶ

 富士ソフト<9749.T>が続伸。3月3日に2000円割れで底値を確認してから、継続的な買いが観測され戻り足が鮮明だ。制御系ソフト開発に強みを持つが、ノンバンク向けが好調で収益高水準、0.8倍台のPBRにも割安感がある。人間型ロボット開発に注力しており、知能化技術を統合させたヒューマノイドロボット「パルロ」が高齢者向け生活支援ロボットとして引き合い旺盛、市場の注目度がにわかに高まっている。

富士ソフトの株価は9時33分現在2230円(△42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)