TYOが軟調、第2四半期の減収減益を嫌気

 ティー・ワイ・オー<4358.T>が軟調。同社は12日大引け後、第2四半期(13年8~1月)累計業績を発表。連結売上高117億5200万円(前年同期比5.0%減)、営業利益6億4400万円(同21.2%減)と減収減益となったことを嫌気している。主力のテレビCM事業は4月からの消費増税の影響で、下期以降へ複数の案件で検収時期が移動、これが売り上げに影響している。ただ、下期以降の受注状況が好調であることから今14年7月期通期は売上高265億円(前期比6.0%増)、営業利益17億円(同13.8%増)の従来予想から変更はしていない。

TYOの株価は10時34分現在166円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)