アウトソシングが反発、GC示現から上昇加速し新高値視野

 アウトソーシング<2427.T>が反発。ここ5日・25日移動平均線のゴールデンクロスから一気に上昇を加速させ、持ち前の材料性を存分に発揮している。昨年5月につけた昨年来高値1385円も視界に入ってきた。復興事業の継続的な需要や、首都圏は2020年の東京五輪開催に向けたインフラ整備も控えており、建設需要は増勢が顕著だ。一方で建設現場の人手不足は深刻で、建築現場への人材派遣を手掛ける企業の事業機会が大きく拡大している。同社は建築施工管理技士派遣に注力するなど、建設セクターの需要と供給のギャップに対応、積極的に需要を取り込んでいる。

アウトソシングの株価は10時47分現在1267円(△41円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)