神島化学工業が急反落、第3四半期2ケタ増収増益も材料出尽し感

 神島化学工業<4026.T>が急反落。同社は12日、大引け後に第3四半期(13年5月~14年1月)累計業績を発表。連結売上高145億3300万円(前年同期比13.8%増)、営業利益5億7000万円(同26.9%増)と2ケタ増収増益を達成したが、株価は12日に決算内容への期待から一時、11日終値比で80円高の490円とストップ高まで上昇していたことから、この日は材料出尽しの動き。新設住宅着工件数が増加基調となるなかで建材事業が拡大、化成品事業も国内需要の不振を輸出の拡大でカバーしている。今14年3月期通期は売上高189億円(前期比10.0%増)、営業利益7億円(同62.4%増)の従来予想から変更はない。

神島化学工業の株価は11時16分現在420円(▼50円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)