日立は下げ渋る、低風速域対応の風力発電が竣工

 日立製作所<6501.T>は3日続落も下げ渋る動き。同社はこの日、日立キャピタル<8586.T>との共同出資で設立した日立ウィンドパワーが低風速域対応2メガワットダウンウィンド型風力発電システム「HTW2.0-86」を、日立産機システム中条事業所(新潟県胎内市)内の中条風力発電所で竣工したことを発表している。「HTW2.0-86」は、風況のよい立地が減少している日本において、新たな市場を開拓する機種として同社が開発したもので、今回竣工したものが初号機となる。また、中条風力発電所は、日立ウィンドパワーが保有する初の発電所となる。本格的な商用運転開始は4月を予定している。

日立の株価は11時30分現在798円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)