SQ通過でも波乱回避にならず

円高進行で上値は重い
昨夜のN.Yは大幅下落。ドル円は101円台後半を推移しています。先物の寄り気配は14370円辺りとなってます。5日で戻した相場が4日で吐き出していますので、SQもからんでの往って来い相場の様相です。200日移動平均線が14500円辺りに位置する事になりますので、そこが一つのターゲットになります。14750円までの日中窓をどの手度払拭してくるのか、上に建てられれば窓埋めの動きには期待でしょうか。下へは寄り付き気配の14370円辺り、さらに下へ14250円と非常にオーソドックスな見方しか、現時点では出来ないところでしょう。為替がどちらに転んでくるのか、その転び方によっては、日中に大きな動きも想定されます。寄り付きの早い動きには注意が必要となってきます。短期売買においては、その動きを利用する事も一考でしょう。