旭化成に売り先行、賠償金420億円確保も地合い悪に流される

 旭化成<3407.T>に売り先行。同社は13日、医薬品の開発販売権を巡って、製薬子会社の旭化成ファーマがスイス製薬会社であるアクテリオンから日本円にして約420億円の賠償金を受け取ることが確定したと発表。ただ、株価には織り込まれており、全般地合い悪に流される格好となった。旭化成ファーマは血管拡張剤の欧米での開発販売権を米製薬会社コセリックスに供与していたが、アクテリオンの子会社となったことに伴い開発が不当に中止されたとして08年に損害賠償を求める訴えを提起、アクテリオンの上告を米カリフォルニア州高等裁判所が却下した。

旭化成の株価は9時16分現在690円(▼24円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)