明豊エンターは大幅続落、期ずれで第2四半期大幅下振れも通期増収益予想を据え置く

 明豊エンタープライズ<8927.T>が大幅続落、前日比18円安の110円まで売り込まれた。前日取引終了後に発表した今14年7月期第2四半期(8~1月)の連結決算は前回予想を大きく下回り、売上高19億9600万円(前年同期比52.9%減)、営業利益4800万円(同82.8%減)と大幅減収減益になった。販売を予定していた事業再生ADR手続き対象を含む各種案件の計上がずれ込み、売り上げが計画を下回り、利益が大きく下振れた。ただ、期ずれの売り上げを第3四半期以降に計上することから、通期は売上高63億円(前年同期比6.8%増)、営業利益4億3000万円(同39.1%増)と前回予想を据え置いている。

明豊エンターの株価は9時26分現在113円(▼15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)