Jストリームが急反落、主要株主が株式売却意向

 Jストリーム<4308.T>が急反落、500円台を割り込んだ。同社は13日、立会外分売を発表、70万株を3月20~25日の期間内に実施する予定で、これによる株式需給の緩みを懸念する売りが優勢となった。この立会外分売では、主要株主であるリアルネットワークス・インクが保有する同社株売却の意向を受けており、約定結果によって、主要株主の異動が発生する可能性も指摘されている。同社株は前日に、メディアやエンタープライズ利用を対象としたプレミアム動画配信プラットフォーム「J-Stream MediaLize」の提供開始を材料にストップ高していたこともあり、その反動による売りも出た格好だ。

Jストリームの株価は9時38分現在481円(▼53円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)