フリービットが3日ぶり反発、第3四半期経常利益の進捗率83.6%

 フリービット<3843.T>が3日ぶりに反発している。同社は13日取引終了後に、14年4月期第3四半期(13年5月~14年1月)の連結決算を発表。経常利益は8億3600万円(前年同期比2.9倍)となり、通期計画の10億円(前期比2.1倍)に対する進捗率は83.6%に達した。
 14年4月期第3四半期の連結売上高は153億8200万円(前年同期比0.5%減)、最終損益は1億6700万円の黒字(前年同期実績は1億9800万円の赤字)で着地。売上高はクラウドコンピューティングインフラ事業の売り上げ減などが影響したものの、重点事業としているアドテクノロジーインフラ事業は広告配信システムの取引者数の増加などを背景に部門利益が大きく拡大した。
 なお、14年4月期通期の連結業績見通しは、売上高が200億円(前期比3.2%減)、最終損益が1億円の黒字(前期実績は1億8500万円の赤字)とする従来予想を据え置いている。

フリービットの株価は10時23分現在1371円(△70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)