エンバイオが一時S高、需給主導での上値追い続く

 エンバイオ・ホールディングス<6092.T>が一時ストップ高。12日に新規上場し、上場2日目の13日に公開価格(580円)の2.3倍に当たる1311円の初値をつけ、その後ストップ高まで買われたが、この日も短期資金の流入でストップ高まで買われた。土壌汚染対策事業などを手掛け、特徴的なビジネスモデルへの注目度が高いことに加えて、全般相場の下落から、直近IPO銘柄ならではの値動きの軽さが注目され、需給主導での上値追いとなっている。

エンバイオの株価は10時35分現在1960円(△349円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)