スバル興は続落、前期営業2ケタ増益も全般地合い悪化で売り先行

 スバル興業<9632.T>は続落。13日取引終了後に発表した前14年1月期の連結決算は売上高177億300万円(前の期比0.1%増)、営業利益10億2400万円(同9.8%増)と2ケタ近い増益を確保したが、相場全体の地合い悪化に伴い売りが先行している。前期は橋梁やトンネなどの公共インフラ施設の点検、補修などの受注が増加、予算管理を徹底したことで収益性も高まった。今15年1月期売上高182億円(前年同期比2.8%増)、営業利益10億5000万円(同2.5%増)を見込むなど、前期並みにとどまることも買いを手控えさせたようだ。

スバル興の株価は10時48分現在343円(▼12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)