ソフトバンク(9984)、上方にはファンダメンタルズの壁

下方の窓を埋める流れ
前回2/25に8137円で上昇が止まったのは、この辺に壁が存在しているからである。なので、3/11にも高値(8218円)で値動きが止まってしまった。恐らくこの壁は「ファンダメンタルズの壁」であり、「割高の壁」と推測できる。軸は下向きであり、目先は下方の窓(7490円-7591円)を埋める動きとなりそうだ。