加賀電子が底堅い、来期も利益続伸、PBRが見直し余地示唆

 加賀電子<8154.T>が底堅い。株価は25日移動平均線を下支えに上値指向を堅持している。デバイスの受託製造を手掛けるなどメーカー機能をもった電子部品商社で、多品種少量生産への対応が特長。アミューズメント機器の受託生産が伸びており、最終利益は従来予想を増額して前期比6.8倍の30億円を予想しているが、さらに増額余地がある。15年3月期も2ケタ増益基調確保が有望視されている。PBR0.7倍台は割安感も強い。

加賀電子の株価は11時30分現在1314円(▼16円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)