<後場の注目銘柄>=エクセディ、今3月期は大幅営業増益

 エクセディ<7278.T>の株価は、1月16日に3450円の昨年来高値をつけた後に調整しており3月4日に2732円まで突っ込んでいる。実質無借金の好財務内容からPBR1倍近辺の時価は見直し余地が大きい。

 クラッチの最大手で、AT(自動変速装置)を主力に展開、MT(手動変速装置)でも高シェアを誇っている。自動車関連各社が生産を拡大するなかで国内はもとより、北米やアジア向けの受注も拡大。円安基調も追い風となり、今14年3月期通期業績は連結営業利益で190億円(前期比32.3%増)を見込んでいる。

 タイやインドなどアジアでの生産拠点拡充にも取り組んでおり、この効果も表面化してきそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)