日経平均株価は一時500円上回る下落、株価指数先物主導で売り加速

 14日後場の東京株式市場は、株価指数先物主導で一段安の展開となっている。日経平均株価は一時、前日比500円を超える大幅な下げをみせている。
 ウクライナ情勢で不透明感が強まっていることから、前日の米国株市場ではNYダウが231ドル安と急落したのに加え、外国為替市場でも背景に1ドル=101円60銭へと円高に傾いており、主力輸出株などを中心に売りが加速している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)