今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は日経平均の下げなどに連れて101.50円付近まで軟化しました。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

3/14(金)
18:30 (英) 1月商品貿易収支
18:30 (露) ロシア中銀、政策金利発表
21:30 (米) 2月生産者物価指数
22:55☆(米) 3月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値
------☆米露外相会談

3/16(日)
------☆クリミアのロシア編入への是非を問う住民投票
※☆は特に注目の材料

ミシガン大消費者信頼感指数などの注目指標があります。ただ、指標よりも、ウクライナ関連のニュースの方が注目度としては高そうです。もっとも16日のクリミアでの住民投票を前にリスク許容度は拡大しにくく、どちらかと言えばリスク回避の方へ振れやすいと考えられます。