難しい相場展開には為替に影響されにくい銘柄で<3843>フリービット

ネットビジネスを支援・業績修正済み・為替変動に影響を受けにくいフリービット
100株単元
4月決算で予想配当は7円

ネット広告やクラウド事業が主軸。

2月4日 安値1013円をつけ、3月3日安値1172円と次第に下値切り上げ。
3月14日の値動きは1243円寄付き。
安値1240円、高値1444円、引けは1338円。

今週はウクライナのロシア編入の可能性に牽制をかけようとする欧米の制裁に対し、ロシアは米国債を処分する可能性を示唆。
実際にロシアが米国債を即売るとは考えにくいですが、ロシアはスノーデン氏の亡命先でもあり、米国にとっては難しい国際判断を迫られそうですね。
国際社会がロシア台頭の波紋を消化できれば再びマーケットも落ち着きを取り戻す可能性はありますが、オバマ・アメリカが追い詰められれば、マーケット・リスクの拡大という形で負のブレイクスルーが実現するかもしれません。

投資家はしつこい突発的円高に強みを発揮する新型内需銘柄を1つ、2つ所持したいですね。同社もその一つと考えています。