しまむらが4日ぶり反発、前期営業益5年ぶり減益と報じられるもアク抜け感

 しまむら<8227.T>が4日ぶりに反発。15日付の日本経済新聞で、14年2月期は連結営業利益が前の期に比べ5%減の430億円前後と5年ぶりで営業減益になったようだと報じられたが、業績悪化は相当織り込んでいるとの見方が強く、アク抜け感から反発している。記事によると、秋冬物で若者向けのヒット商品が乏しく、売上高が伸び悩んだほか、在庫消化に向けた値下げ販売も利益を圧迫したという。また、建設業界の人手不足による着工の遅れで、国内の新規出店が50店と、期初計画の70店に届かなかったことが響いたともしており、建設業界の人手不足も影響したようだ。

しまむらの株価は9時3分現在8700円(△50円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)