ソフトバンクがカイ気配、アリババ集団が米上場準備で膨大な含み意識

 ソフトバンク<9984.T>が寄り付きから人気集中、カイ気配スタートとなった。買い手控えムードが強い全体相場のなかで物色人気を集めている。中国Eコマース最大手のアリババ集団が16日、米国NY株式市場でIPOの準備を始めると発表、これが株価を刺激している。ソフトバンクはアリババ集団に約37%出資しており、保有株の簿価は約317億円とされる。そのアリババは既に最終利益で米アマゾン・ドット・コムを大幅に上回り、上場時は時価総額で10兆円を超える規模とみられるネット業界世界屈指の巨大企業に成長している。ソフトバンクにとって、3兆円以上の含み益が創出される計算となるだけにインパクトは大きい。

ソフトバンクの株価は9時3分現在8029円(△300円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)