富士ソフトが反発、再生医療事業に参入と報じられる、耳の軟骨培養し鼻に移植する技術を開発

 富士ソフト<9749.T>が反発。きょう付の日経産業新聞で、再生医療事業に参入すると報じられたことを材料視。記事によると、耳の軟骨細胞を培養し、鼻の軟骨に移植する技術を開発し、鼻の軟骨が欠損している人の治療に使うという。年間600人分の軟骨を作れる設備を整え、9月に治験を始め、15年初頭にも発売したい考えという。患者から採取した細胞が他人のものと混ざるといった事故を予防するシステムもあわせて売り込むとしており、業績への寄与が期待されている。

富士ソフトの株価は9時10分現在2130円(△62円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)