7&iHDが小反発、今2月期最終3割増益で最高益更新報道

 セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>が6日ぶり小反発。同社の14年2月期の連結純利益が1750億円程度と、前の期に比べて3割弱増えたもようと15日付の日本経済新聞が報じた。従来予想の1700億円を上回り、2期連続で過去ピーク利益を更新したとみられ、これを好感する買いがやや優勢となった。同社の主力事業であるコンビニエンスストアが、PB商品や店頭で抽出販売するコーヒーなどの好調で売り上げを伸ばし、全体収益を押し上げている。株価はここ全体地合い悪もあって調整を続け、値ごろ感が生じていたことも押し目買いを誘いやすくなっている。

7&iHDの株価は9時5分現在3715円(△12円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)