クリミア住民投票後の各国の反応は?=外為どっとコム総研 川畑琢也

クリミア住民投票後の各国の反応は?
前週14日、ドル/円はウクライナ情勢に対する不安から軟調に推移、一時101.205円まで下落して今月3日安値(101.200円)に迫った。
前週末16日に行われたクリミア自治共和区での住民投票は、本日朝時点では圧倒的多数がロシア編入を支持していることが伝わったものの、早朝のアジア市場は冷静な反応を示している。ラブロフ露外相が14日に「ロシアはウクナイナ東部に軍事介入する予定はない」と発言し、市場はロシアが早期に武力行使に踏み切る公算は低いと見ているようだ。

投票結果を受け、本日にも欧米が追加制裁に踏み切る公算が大きい。決定された場合の内容を見極めたいとのムードとなっており、ドル/円相場は様子見姿勢が強まることが予想される。
ただし、今回の結果を受けて欧米とロシアとの間で対立が深刻化するようだと、リスク回避ムードが強まってドル/円相場を下押す事も考えられる。