東洋水産が5日続落、SMBC日興が投資判断を引き下げ

 東洋水産<2875.T>が5日続落。この日は、SMBC日興証券が14日付で投資判断を「1」から「2」とし、目標株価を4240円から3630円へ引き下げたことが観測されている。14年3月期以降の国内即席麺事業、海外即席麺事業の営業利益予想を減額修正したことが要因としている。国内では、生麺風袋麺市場で同社と日清食品ホールディングス<2897.T>による寡占市場が形成されたが、日清食品の攻勢に備えて販促の手を緩めにくいとして、国内では従来予想ほど生麺風袋麺市場での寡占化メリットが出そうにないと指摘。15年3月期の営業利益率予想352億円から329億円へ引き下げている。

東洋水産の株価は10時32分現在3140円(▼40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)