ジャストプラが大幅続落、14年1月期通期決算は未達での着地

 外食店向け業務ソフト開発・運用などを手掛けるジャストプランニング<4287.T>が大幅続落となっている。同社は14日取引終了後に14年1月期通期の連結経常利益が4億2000万円(前の期比1.4%増)になったと発表。第3四半期時点で見込んでいた5億円(同20.5%増)に届かなかったことなどが嫌気されているようだ。
 14年1月期通期の連結売上高は18億3300万円(前の期比10.1%増)、連結最終利益は6億8300万円(同2.8倍)で着地。ただ、従来予想は連結売上高20億円(同20.1%増)、連結最終利益7億1900万円(同3.0倍)で、いずれも未達となった。
 なお、15年1月期通期の連結業績見通しは、売上高が21億円(前期比14.5%増)、経常利益が5億3000万円(同26.0%増)、最終利益が3億1800万円(同53.5%減)を予想。また、期末一括配当は、18円(前期は20円)を予定している。

ジャストプラの株価は10時37分現在817円(▼76円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)