大崎電などスマートメーター関連株が高い、大手電力会社の前倒し設置報道を好感

 大崎電気<6644.T>や東光高岳ホールディングス<6617.T>など次世代電力計(スマートメーター)関連株が高い。大崎電は一時、前週末に比べ42円高の651円まで買われた。15日付の日本経済新聞は「大手電力10社はスマートメーターを2024年度までに全世帯に配布する方針を固めた」と報道し、同メーターの設置計画が前倒しされることを伝えた。大崎電や東光高岳などスマートメーターの大手メーカーには、前倒し設置による収益拡大が見込めるとの見方が強まり、この日は買いが流入している。

大崎電の株価は11時30分現在645円(△36円)
東光高岳の株価は11時30分現在1751円(△60円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)