精養軒が後場一段安、パンダの赤ちゃん誕生への期待薄れる

 精養軒<9734.T>が後場一段安。上野動物園がこの日午前中、6日から中止していたジャイアントパンダの展示を19日から再開すると発表。繁殖に向けた同居が行われないことから、パンダの赤ちゃん誕生への期待が薄れたとして売りが出ているようだ。同園によると、発情徴候を確認してから2週間が経過したが、シンシン(メス)に強い発情の徴候が観察されないためという。なお、5月までが春の繁殖期にあたるため、展示再開後も通常の飼育管理の中で引き続き2頭の状態を注意深く観察するとしている。また、同じくパンダ関連の位置づけの東天紅<8181.T>も安い。

精養軒の株価は12時32分現在799円(▼51円)
東天紅の株価は12時32分現在192円(▼9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)