千代化が頑強、エネルギー関連で手掛かり材料豊富

 千代田化工建設<6366.T>が売り物をこなし頑強。15年3月期は業績の伸びが鈍化する見通しで、これがここにきての株価調整の引き金となっているが、目先は売り一巡感が出ている。世界的なLNG設備投資需要の高まりを背景に同社は北米のLNGプロジェクトで米建設大手のCB&Iと提携、中長期的な米国での受注拡大に期待がかかっている。また国内では、原発に代わるクリーンエネルギーへの代替が将来的テーマとなるなか、世界初となる水素燃料の大型供給基地建設の大役を担う見通しにあり、業界に先駆けて国策に乗る動きも株価面での刺激材料となっている。

千代化の株価は13時29分現在1452円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)