永大産業が反発、岩井コスモ証は700円に目標株価引き上げ

 永大産業<7822.T>が反発。岩井コスモ証券は14日、同社の目標株価を630円から700円に引き上げた。投資判断は「B+」を継続した。同社は住宅資材および木質ボードの製造・販売を手掛けている。主力の建材が、住宅着工の伸びに消費増税前の駆け込み需要もあり好調。2月12日には14年3月期連結業績の増額修正を発表し、営業利益は21億4000万円から37億5000万円(前期比84.4%増)、期末一括配当は従来予想の10円から13円(前期比3円増)に増額した。
 ただ、同証券では一段の上乗せを見込み今期営業利益は39億円(前期比91.8%増)を予想。来期は駆け込み需要の反動が懸念されるが、「政府による景気対策や住宅ローン減税の拡充などで、影響は軽微にとどまる」として、連結営業利益は40億円と連続増益を見込んでいる。

永大産業の株価は13時35分現在589円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)