コマツが5日続落、資源価格下落で2000円意識の展開に

 コマツ<6301.T>が5日続落。株価は一時、前週末に比べ81円安の2028円まで売られ、2000円ラインを意識する展開となっている。中国経済の先行き不安で銅や鉄鉱石といった資源価格が下落基調にあることが、不安要因となっている。特に、鉱山機械の需要減が業績面の下押し要因になることが懸念視される。BHPビリトンやリオ・ティントといった海外鉱山会社の株価が低迷していることも上値を重くしている。

コマツの株価は15時現在2074円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)