今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?
東京市場のドル/円相場は101円台半ばでのもみ合いとなりましたが、欧州市場に入り、やや強含む様子も見られている。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

3/17(月)
18:30 (英) カンリフBOE副総裁、講演
19:00 (ユーロ圏) 2月消費者物価指数・改定値
21:30☆(米) 3月ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:00 (米) 1月対米証券投資
22:15☆(米) 2月鉱工業生産
23:00 (米) 3月NAHB住宅市場指数
24:00 (米) バイトマン独連銀総裁、講演
----- ☆EU外相理事会

本日は主要経済指標発表などもありますが、市場の関心はウクライナ情勢へ集中しています。

まずは、ロシアがクリミアを編入すると決定した場合に、欧州および米国が「どのような制裁措置を打ち出すのか」という点を確認し、その上でロシアがどの様な行動に出るか、見て行く必要があります。

米国+欧州対ロシアの様相が強まれば、リスク回避ムードが強まり、円には上昇圧力が掛かる見通しです。