タカラレーベンは増配と自己株式消却を発表

 タカラレーベン<8897.T>は17日取引終了後に増配と自己株式消却を行うと発表した。
 3円としていた今14年3月期末配当を3円50銭に引き上げ、第2四半期末の1円50銭と合わせて年5円配当へ引き上げる。7月1日に実施した1株4株への株式分割を考慮しない場合の年間配当は20円になり、前期の15円から実質的に増配になる。
 25日付で発行済株式総数の1.5%にあたる200万株の自己株式を消却する。消却後の発行済株式総数は1億3000万株になる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)