◆17日の米株式市場の概況 NYダウ6日ぶり反発、ロシアへの経済制裁想定内で

 17日の米株式市場はNYダウが6日ぶりに反発し前週末比181.55ドル高の1万6247.22ドルとなり、ナスダック総合指数は同34.552ポイント高の4279.949と3日ぶりに反発して取引を終了した。ウクライナ南部のクリミア自治共和国で行われた住民投票を受けた欧米諸国のロシアへの経済制裁発動が、想定内にとどまったことから、緊迫の度合いが急速に高まるとの懸念がいったん遠のき、これを好感した買いが優勢の展開。NYダウ採用銘柄すべてが上昇し、NYダウは一時、200ドルを超える上昇となる場面がみられた。なお、ニューヨーク市場が6億581万株、ナスダック市場は17億7064万株。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)