東京株式(寄り付き)=米株式の上昇を受け5日ぶり大幅反発のスタート

 18日の東京株式市場は買い優勢のスタート。寄り付きの日経平均株価は、前日比213円高の1万4491円と5日ぶりの大幅反発となっている。 
 17日の米国株式市場では、NYダウ平均株価が前週末比181ドル高の1万6247ドルと6日ぶりに大幅反発した。欧米諸国のロシアへの経済制裁が、想定内にとどまったことから買いが優勢となった。18日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=101円80銭台へと円安・ドル高傾向が強まっている。
 きょうは、日立マクセル<6810.T>が東証1部に新規上場。日ベトナム首脳会談、14年1月1日時点の公示地価、1月の毎月勤労統計調査(確報値)、2月の工作機械受注額(確報値)が注目を集めそうだ。
 業種別では33業種全業種が、前日比でプラスとなっている。非鉄、ガラス・土石、電気・ガス、鉄鋼、倉庫・運輸、保険、その他金融、電機などが上昇率上位となっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)