日本光電が3日ぶり反発、マレーシアに販売子会社設立

 日本光電工業<6849.T>が3日ぶりに反発している。前日までの続落で75日移動平均線(17日時点:3916円)を割り込み値ごろ感が出ているほか、同社が17日にマレーシアに販売子会社を設立すると発表したことも買い手掛かりとなっているようだ。
 同社はこれまで、マレーシア国内では、現地代理店を通じて販売活動を行い、シンガポールにある販売子会社がこれをサポートしてきた。マレーシアでは、2014年7月から医療機器の輸入・販売に関する新しい法律が施行され、規制が厳格化される見通し。こうした状況に対応することに加え、アジア太平洋地域での売り上げ拡大を図ることを目的に、マレーシアに販売子会社を設立することにしたという。

日本光電の株価は9時47分現在3920円(△85円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)