日本サードがしっかり、14年3月期業績予想を下方修正も悪材料出尽くし感強まる

 日本サード・パーティ<2488.T>がしっかり。17日の取引終了後、14年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の52億円から47億円(前期比2.2%増)へ、営業利益を同2億5000万円から1億5700万円(同2.8倍)へ、純利益を同1億5200万円から8200万円(前期100万円)へそれぞれ下方修正したが、株価は直近、下値模索の動きにあっただけに、悪材料出尽くし感から買われている。
 下方修正は組織改編や先行投資を実施したことが要因という。そのため、これらの施策による来期以降の業績改善効果を期待する買いも入っているようだ。

日本サードの株価は9時48分現在799円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)